ニキビの原因と対策

思春期ニキビは、早い人だと小学生くらいからできます。しかも、できる部分は顔のTゾーン・Uゾーンです。どちらにしても顔のニキビは目立ちますから、悩みになっている方も多いでしょう。

思春期ニキビは、成長ホルモンが原因なのですが、この成長ホルモンは子供から大人になる工程でとても大切な有難いホルモンです。ニキビの大敵となる皮脂は、少しの刺激でも分泌されてしまいます。また、厄介な事にこの皮脂腺を刺激するのは、成長ホルモンです。過剰に皮脂が分泌されれば、今度は皮脂を栄養としているアクネ菌が現れます。このアクネ菌が増殖するとニキビはどんどん増えて悪化します。皮脂を抑えれば、アクネ菌も減るのでニキビは少なくなるでしょう。

思春期ニキビに有効な対策は、皮脂の抑制以外にはありません。早めにケアに取り組めば、小さいうちに治す事ができます。ニキビ対策には洗顔も含まれていますが、正しい方法で洗顔をしているでしょうか。

皮脂抑制にとらわれて1日に何度も洗顔を行っているなら今直ぐに止めて下さい。肌にはある程度の皮脂が必要です。その皮脂も全て取り去ると肌は過剰に皮脂を分泌させてしまい、悪循環となります。洗顔をする時は、ぬるま湯で顔を洗ってから泡立てネットで泡を作り、優しく撫でるように洗いましょう。ニキビを刺激(ゴシゴシこする・触れる)してはいけません。

間違った方法で洗顔をすると自らがニキビを悪化させているようなものです。心当たりがあるなら、今日から正しい方法でニキビを撲滅しましょう。